読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインでチップを贈り合う|CloudTip公式ブログ

CloudTipは、ビットコインで「いいね!」や感謝、応援のチップを贈り合うプラットフォームです。

【速報】bitFlyerも手数料有料化!3/2から最大0.15%

ビットコイン情報 仮想通貨・トークン

ビットコイン取引所bitFlyerが手数料有料化|クラウドチップ

2017年2月16日(木)、世界最大の売買高を誇る国内最大手のビットコイン取引所bitFlyerが、ついに現物取引の手数料有料化(最大0.15%)に踏み切ることを発表しました。 
改定時期は2週間後の3月2日(木)からです。

いずれ有料化される日が来ると分かってはいても、今回の発表にショックを受ける人は多いのではないでしょうか。

bitFlyerの新しいビットコイン現物取引手数料(2017/3/2〜)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

手数料設定は直近30日の取引量によって下記の通り決定されます。

  • 10万円未満 ・・・ 0.15%
  • 10 万円~20 万円未満 ・・・ 0.14%
  • 20 万円~50 万円未満 ・・・ 0.13%
  • 50 万円~100 万円未満 ・・・ 0.12%
  • 100 万円~200 万円未満 ・・・ 0.11%
  • 200 万円~500 万円未満 ・・・ 0.10%
  • 500 万円~1,000 万円未満 ・・・ 0.09%
  • 1,000 万円~2,000 万円未満 ・・・ 0.07%
  • 2,000 万円~5,000 万円未満 ・・・ 0.05%
  • 5,000 万円~1 億円未満 ・・・ 0.03%
  • 1 億円~5 億円未満 ・・・ 0.02%
  • 5 億円以上 ・・・  0.01%

手数料一覧・税 - ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

続きを読む

あの大手も出資!仮想通貨取引所の資本金ランキング

ビットコイン情報 仮想通貨・トークン

仮想通貨取引所の資本金・株主一覧|ビットコインウォレットはクラウドチップ

2017年2月14日(火)付の日経新聞朝刊1面で、三井住友銀行グループ、みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険が、世界最大の出来高を誇る仮想通貨取引所bitFlyerに対して合計約2億円出資した、と報じられました。

1年半前の2015年8月12日に、三菱UFJフィナンシャルグループが先行して出資しているため、これで3大メガバンク全てがbitFlyerに出資し、株主に名を連ねたことになります。

⇒第三者割当増資の実施について|bitFlyer(2017年2月14日)

⇒総額5億1千万円の資金調達を実施|bitFlyer(2015年8月12日)

 

bitFlyerの資本金は合計40億円を超え、企業規模としても他社を更に突き放すことになりましたが、他のビットコイン取引所、仮想通貨取引所の資本金や株主はどうなっているのでしょうか?
国内のビットコイン取引所、仮想通貨取引所を資本金の多い順にランキングしてみました。
(2017年2月14日調査)

続きを読む

ビットコイン取引所10社、法規制前の動きをチェック

ビットコイン情報 仮想通貨・トークン

ビットコイン取引所10社、法規制前の動き|ビットコインウォレットはクラウドチップ

仮想通貨関連法の施行を2017年4月(予定)に控え、国内のビットコイン取引所は、取引手数料やレバレッジの見直しなど、法施行後を睨んだ動きを加速させています。
ここ最近のビットコイン取引所10社の動きをまとめましたのでご参考ください。

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

1月31日より、これまで上限5倍だったLightning BTC-FXのレバレッジを10倍に引き上げました。
中国三大取引所(BTCC、OKCoin、Huobi)が信用取引停止・手数料有料化の影響で出来高を急減させる中、出来高世界No.1となったbitFlyerが、更に売買を増加させ、その地位を不動にするために打った施策と言えるでしょう。

仮想通貨交換業者向けの事務ガイドラインにおいて、信用取引の提供には貸金業のライセンスが必要とされたため、この時期にレバレッジを引き上げる以上、bitFlyerは貸金業ライセンスを取得し、今後もレバレッジの提供を続ける予定とみて良さそうです。

続きを読む

勢力図が激変!bitFlyerが一気に世界No.1に。今後は?

世界の取引所出来高ランキング|ビットコインウォレットはクラウドチップ

中国の三大大手取引所(BTCC、OKCoin、Huobi)が、レバレッジを掛けた信用取引を停止すると共に、現物取引手数料(0.2%)を一斉に徴収し始めたことで出来高が激減し、世界の取引所出来高ランキングの上位から揃って姿を消すという、衝撃の展開を迎えています。
Bitcoin Exchanges Volume Ranking - Coinhills

これまでBTCC、OKCoin、Huobiだけで世界シェアの80%〜90%を占めることも珍しくなかっただけに、勢力図が激変した格好です。

OKCoinのチャートからも、1月12日頃から出来高が激減していることが見て取れます。
OKCoin BTC/CNY Charts - BitcoinWisdom

中国OKCoinの出来高|ビットコインウォレットはクラウドチップ

 

続きを読む

ビットコイン取引所がついに手数料有料化に動き出す

ビットコイン情報 仮想通貨・トークン

ビットコイン取引所が有料化の流れ|ビットコインウォレットはクラウドチップ

中国、そして日本ではビットコイン現物取引の手数料を無料にする取引所が多かったですが、そろそろ有料化の動きが始まりそうです。

中国では三大大手取引所(BTCC、OKCoin、Huobi)が、1月24日から一斉に取引手数料0.2%を徴収することになりました。
1BTC(約10万円)の取引に対して、200円相当の手数料が発生する計算ですね。

www.coin-portal.net

 

続きを読む

【衝撃】GMOグループが仮想通貨取引所への参入を表明

ビットコイン情報 仮想通貨・トークン

GMOが仮想通貨取引所に参入|ビットコインウォレットはクラウドチップ

GMOインターネットグループが2016年10月に設立したGMO Wallet株式会社を準備会社として、仮想通貨の交換、取引事業に参入することを2017年1月17日に正式表明しました。

GMOインターネットグループとしては、2014年にGMOペイメントゲートウェイが業界最大手の仮想通貨取引所であるbitFlyerに出資、資本業務提携によりビットコイン決済サービスを開始するなど、かなり早い段階からビットコイン、仮想通貨に注目していたという経緯があります。

今回、仮想通貨についての内閣府令案が昨年12月に公表され、今春からの法施行が予定されていることで事業環境が整ったと判断し、取引所参入を正式に発表したという流れのようです。

続きを読む

急速に導入が進むビットコイン決済、国内の導入店舗はこの1年で4倍超に

ビットコイン情報 仮想通貨・トークン

急速に導入が進むビットコイン決済|ビットコインウォレットはクラウドチップ

2017年1月9日(月)のNHKニュースの中で、国内におけるビットコインの利用可能な店舗が、直近1年間で4.6倍に増加し、約4,200店舗になったと報じられました。

1月5日(木)に一時、1BTC=15万円を突破し、円ベースでの史上最高値を更新するなど、ここ最近はビットコイン価格の乱高下に大きな注目が集まっていましたが、その裏で支払手段としてのビットコインが日本でも着実に広がろうとしています。 

www3.nhk.or.jp

 

続きを読む