読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインでチップを贈り合う|CloudTip公式ブログ

CloudTipは、ビットコインで「いいね!」や感謝、応援のチップを贈り合うプラットフォームです。

あの大手も出資!仮想通貨取引所の資本金ランキング

仮想通貨取引所の資本金・株主一覧|ビットコインウォレットはクラウドチップ

2017年2月14日(火)付の日経新聞朝刊1面で、三井住友銀行グループ、みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険が、世界最大の出来高を誇る仮想通貨取引所bitFlyerに対して合計約2億円出資した、と報じられました。

1年半前の2015年8月12日に、三菱UFJフィナンシャルグループが先行して出資しているため、これで3大メガバンク全てがbitFlyerに出資し、株主に名を連ねたことになります。

⇒第三者割当増資の実施について|bitFlyer(2017年2月14日)

⇒総額5億1千万円の資金調達を実施|bitFlyer(2015年8月12日)

 

bitFlyerの資本金は合計40億円を超え、企業規模としても他社を更に突き放すことになりましたが、他のビットコイン取引所、仮想通貨取引所の資本金や株主はどうなっているのでしょうか?
国内のビットコイン取引所、仮想通貨取引所を資本金の多い順にランキングしてみました。
(2017年2月14日調査)

【資本金第1位】株式会社bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

資本金

38億9,152万円(資本準備金含む)+今回の増資分(約2億円)

主要な外部株主(公開情報・順不同)
  • ベンチャーラボインベストメント
  • SBI investment
  • 合同会社RSPファンド5号(リクルートホールディングスの100%子会社)
  • 電通デジタル・ホールディングス
  • 三菱UFJキャピタル
  • 三井住友海上キャピタル
  • QUICK
  • Digital Currency Group
  • インキュベイトファンド
  • East Ventures
  • GMO Payment Gateway
  • GMO VenturePartners
  • SMBC ベンチャーキャピタル
  • みずほキャピタル
  • 第一生命保険

 

【資本金第2位】株式会社QUOINE Japan(コイン ジャパン)

資本金

Web非公開(推定20億円前後)
⇒(参考)ビットコイン取引所のQuoineが本社機能を日本に移し1,600万ドルを調達|THE BRIDGE

主要な外部株主(公開情報・順不同)
  • ジャフコ

 

【資本金第3位】テックビューロ株式会社

資本金

8億3,013万円(資本準備金含む)

主要な外部株主(公開情報・順不同)
  • アララ
  • インフォテリア
  • オウケイウェイヴ
  • 日本テクノロジーベンチャーパートナーズ
  • 広島ベンチャーキャピタル
  • フィスコ
  • マネーパートナーズグループ

 

【資本金第4位】Jトラストフィンテック株式会社

※2017年2月14日にサービス停止を発表(3/31でログイン停止)

資本金

3億円(資本準備金含む)

親会社
  • Jトラスト

 

【資本金第5位】ビットバンク株式会社

資本金

2億9,700万円(資本準備金含む)

主要な外部株主(公開情報・順不同)
  • セレス

 

【資本金第6位】株式会社ビットポイントジャパン

資本金

1億7,000万円

親会社
  • 株式会社リミックスポイント

 

【資本金第7位】レジュプレス株式会社

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

資本金

9,200万円

主要な外部株主(公開情報・順不同)
  • インキュベイトファンド
  • ANRI
  • セレス

 

【資本金第8位】BTCボックス株式会社

資本金

Web非公開(推定6,516万円)
⇒(参考)BTCボックス株式会社との資本業務提携契約締結に関するお知らせ|夢真ホールディングス

主要な外部株主(公開情報・順不同)
  • 夢真ホールディングス

 

【資本金第9位】株式会社フィスコ仮想通貨取引所

資本金

5,250万円

親会社
  • フィスコ
  • SEQUEDGE INTERNATIONAL LIMITED
  • SJI

 

また今後、ビットコイン取引所、仮想通貨取引所への参入を表明している企業の資本金も参考値としてピックアップしてみます。いずれも上場企業の子会社・グループ会社ですね。

【参考1】株式会社マネーパートナーズ

資本金

31億円 ※資本金ランキング第2位に相当

親会社
  • マネーパートナーズグループ

 

【参考2】SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社

資本金

3億円(資本準備金含む) ※資本金ランキング第4位に相当

親会社
  • SBIホールディングス

 

【参考3】GMO Wallet株式会社

資本金

Web非公開

親会社
  • GMOインターネットグループ

 

【参考4】みんなのビットコイン株式会社

資本金

500万円 ※資本金ランキング第10位に相当

親会社
  • トレイダーズインベストメント株式会社

 

まとめ

こうしてまとめてみても、bitFlyerは未上場にも関わらず、資本金額や株主の多さが突出しています。顔ぶれも何ともゴージャスです。
テックビューロの株主はブロックチェーン推進協会(BCCC)の会員企業が中心ですね。
また、上場企業の100%子会社も増えてきました。
株主構成を眺めていると、取引所の方向性や企業文化が何となく見えてくる気がします。

2017年4月施行予定の仮想通貨関連法では、仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者)の資本金は最低1,000万円以上必要とされていますが、現時点でもその要件はほとんどの企業で満たしています。

ただ、金融サービスとして位置付けられるようになると、ある程度の資本力は信用面においても必要とされますし、法規制対応でこれまで以上に運営・管理コストが掛かることを考えると、資金調達で資本金を積み増す取引所も出てきそうです。
今後の状況を見ながら、またレポートしたいと思います。

 

なお現在、当社ウォレットの新規登録者に1mBTC(約116円)のビットコインを無料配布する招待キャンペーンを開催中ですので、未登録の方はこの機会に是非ご登録ください。