読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインでチップを贈り合う|CloudTip公式ブログ

CloudTipは、ビットコインで「いいね!」や感謝、応援のチップを贈り合うプラットフォームです。

QRコードを印刷物に付けてチップを受け取ろう

印刷物にチップ受付用QRコードを付けよう|ビットコインを贈り合うCloudTip

円に換金したり、Amazonギフト券などとも交換できるビットコインは、QRコードだけで受け取れます。QRコードには、送金先となるビットコインアドレスが指定されていて、スマホアプリなどで読み取ってそのまま送金できるからです。

印刷物(名刺、チラシ、同人誌など)にあなたのビットコインアドレスを指定したQRコードを入れておけば、それを手にした知り合いやファンから後日、チップを送ってもらえる可能性があります。

自分のビットコインアドレスを作るには、無料のウォレットサービスを利用するのが最も手軽です。CloudTip(クラウドチップ)は、Facebook、Twitter、Googleアカウント、又はメールアドレスで簡単に登録できます。
下記から登録すれば、ビットコインを1mBTC(約62円)もらえます。

 

自分専用のQRコードを作成、保存

CloudTipの登録が完了すると、自分専用のビットコインアドレスが自動的に作成されます。
画面上部の「Myページ」を選択して、ページ最下部に表示されているQRコードを画像として保存しましょう。これで準備完了です。

QRコードを保存|ビットコインを贈り合うCloudTip

 

なお、会員登録手順については、下記記事で分かりやすくご紹介しています。

 

QRコードを印刷物などで使う

ファンに配布、販売する冊子の裏表紙、あとがきページなどに、先程取得したQRコードを付けておくと、読み終わったファンから応援や感謝のチップが後日送られてくる場合があります。

冊子の裏表紙にQRコードを付ける|ビットコインを贈り合うCloudTip

 

また、多くの人が集まるイベントの際に、QRコードをネームホルダーに入れておけば、その場でチップを貰える可能性があります。

ネームホルダー紙にQRコードを付ける|ビットコインを贈り合うCloudTip

実際、東京・銀座の回転寿司店「銀座沼津港」では、ビットコインで料金を支払えるだけではなく、板前さん一人ひとりのプロフィールとビットコインアドレスを店内に掲示してあり、味やサービスを評価したお客様から、ビットコインでチップ(投げ銭、おひねり)を受け取っています。

www.coin-portal.net

 

もちろん、多くの人に配る名刺に入れておくのも有効でしょうし、

名刺にQRコードを付ける|ビットコインを贈り合うCloudTip

 

イーゼル・看板などで掲示すると、非常に目立ちます。

イーゼル・看板にQRコードを付ける|ビットコインを贈り合うCloudTip

 

複数のQRコードを使い分ける

配布する冊子や、目的に応じてチップの受付先を複数に分けたい場合、チップ受付用ビットコインアドレスを増やしましょう。

CloudTip(クラウドチップ)では、ビットコインアドレスを幾つでも作成・管理することができます。それぞれのアドレスに管理しやすいよう、ラベル(名前)を付けることも可能です。

ビットコインアドレスの新規作成の方法については、下記記事でご紹介しています。

 

Webサイト、ブログなどで使う

Webサイト、ブログなどにQRコードを直接貼り付けても良いですが、CloudTip(クラウドチップ)では、専用のコードを貼り付けるだけで利用できるチップ受付用ウィジェットを用意しています。
下記は実際のものですので、クリックしてご確認ください。

CloudTip

チップの受付に使用するビットコインアドレスや、チップアイコンを設定画面で変更すれば、ウィジェットの内容も自動的に変更されるため管理もラクです。

 

あなたのQRコード、ビットコインアドレスが多くの人の目に触れるように、様々な使い方をお試しください。